コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリヤナギ

百科事典マイペディアの解説

コリヤナギ

水辺などに植栽されている朝鮮半島原産のヤナギ科の落葉低木。短い柄のある葉は,対生〜3輪生し,広線形で先は長くとがり,裏面は白っぽい。雌雄異株。3〜4月,開花。雄花穂は円柱形,暗赤色で,雌花穂は灰白色。果実には毛がある。皮をむいた枝は柳行李(やなぎごうり)に用いられた。バスケットなどの籠細工とし,樹は庭木とする。
→関連項目行李ヤナギ(柳)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コリヤナギ【osier】

ヤナギ科の落葉低木で,水辺に栽培される。長さ2m内外の枝を集めて,皮をむいてごうりを作る。和名のコリヤナギはコウリヤナギが詰まったものである。朝鮮から移入されたものといわれ,江戸時代には広く用いられていた。雌雄異株で,高さ2~3mになる。葉は長さ6~11.5cm,幅6~18mm。花期は3月。葉が展開するよりも早く,細い円柱状の尾状花序を出す。雄花序は長さ2~3cm,雌花序は1.5~2.7cm,苞の先が黒色で,初めは花序全体が黒色に見える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリヤナギ
こりやなぎ / 行李柳
[学]Salix koriyanagi Kimura

ヤナギ科の落葉低木。枝は毛がなく滑らかで長く伸びる。葉は互生または対生。成葉には柄がありやや革質で無毛、長さ5~10センチメートル、線状披針(ひしん)形、先はとがり、基部は鋭形ないし鈍形。縁(へり)は切れ込みの浅い鋸歯(きょし)があるが、全縁のものもある。裏面は淡白色を帯びる。雌雄異株。春、葉が出る前に、長さ約2センチメートルの花穂を出し、包葉は卵状楕円(だえん)形で両面に白毛があり、基部以外は黒色なので、花穂は初め黒くみえる。雄しべは2本、葯(やく)は紅紫色、花糸は合体して1本。雌しべは1本、子房は無柄で白毛が密生し、花柱の長さは子房の半分以下、柱頭は紅色で、先がへこむか、短く2裂する。朝鮮半島に自生し、古く日本に渡来したとされる。各地に栽植され、枝の皮で行李(こうり)などをつくるのでコリヤナギの名がある。[菅谷貞男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコリヤナギの言及

【ヤナギ(柳)】より

…【矢原 徹一】。。…

※「コリヤナギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android