コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルチャーク

百科事典マイペディアの解説

コルチャーク

ロシアの軍人。1917年二月革命当時の黒海艦隊司令長官。十月革命直後,1918年英国の援助でシベリアオムスクに反革命政権を樹立し,一時はボルガ川付近まで勢力を伸ばしたがイルクーツクで捕らえられ,銃殺。
→関連項目対ソ干渉戦争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルチャーク【Aleksandr Vasil’evich Kolchak】

1873‐1920
帝政ロシア提督日露戦争に従軍,戦後の海軍再建に奔走した。二月革命時に黒海艦隊司令官であったが,革命で高揚した水兵の要求で1917年6月に辞任に追い込まれた。臨時政府によりアメリカに派遣されたのち,帰途,横浜で十月革命の報に接した。対ドイツ講和を結んだレーニン政権に対抗すべく,連合国とくにイギリスの後援をえてシベリアに乗り込み,18年11月に〈全ロシア政府〉陸海軍相,次いで同月のオムスクにおけるクーデタにより〈最高執政官〉に就任して軍事独裁体制をウラル以東のほぼ全域に樹立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルチャーク
こるちゃーく
Александр Васильевич Колчак Aleksandr Vasil'evich Kolchak
(1873―1920)

ロシアの海軍大将。内戦期の反革命政府の指導者。海軍兵学校卒業後、日露戦争に従軍、水雷艇長。第一次世界大戦ではおもに機雷作戦を指導。1916年夏から黒海艦隊司令長官となったが、二月革命(1917)後は水兵と対立して辞職、アメリカへ派遣された。十月革命後、極東、シベリアに帰り、イギリスの支持の下に活動。18年11月4日、オムスクで成立したシベリア政府の陸海軍大臣になったが、同月18日クーデターで軍事政権を樹立、「ロシア国家最高執政官」と称した。19年3月にモスクワを目ざす大攻勢に出たが、赤軍の反撃にあって敗れ、イルクーツクで銃殺された。[藤本和貴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコルチャークの言及

【ロシア革命】より

…しかし,これは短命に終わった。11月17日陸海軍相コルチャークはクーデタをおこし,最高執政官に就任した。こうして反革命の主役は帝政派の軍人となった。…

※「コルチャーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルチャークの関連キーワードセミョーノフ(Grigoriy Mihaylovich Semyonov)ブレシコ・ブレシコフスカヤズナメンスキー修道院ロシア革命史(年表)セルゲイ サゾーノフキリル メレツコフ二月革命(ロシア)ウラジオストクノボシビルスクシベリア出兵セミョーノフタジキスタンサゾーノフ干渉戦争

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android