コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルドファン高原 コルドファンコウゲン

2件 の用語解説(コルドファン高原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コルドファン‐こうげん〔‐カウゲン〕【コルドファン高原】

Kordofan Plateau》スーダン中央部の高原。標高約600メートルから1200メートル。旧コルドファン州にあたり、主要都市は北コルドファン州の州都オベイドアラビアゴムの生産が盛ん。ヌバ族が多く住む。コールドファン高原

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルドファン高原
こるどふぁんこうげん
Kordofan Plateau

アフリカ北東部、スーダン中部の高原。標高約600メートルで、標高1200メートルほどの山体が点在する。この高原はスーダンのコルドファン州をなし、これだけで日本の面積よりもすこし大きく、38万平方キロメートルある。州都オベイドを中心に約28万人が家畜とともにアラビアゴム、スイカトウモロコシ、綿花、ドゥラ(モロコシの一種。Sorghum vulgare)などを栽培している。高原全体が乾燥しており、年降水量は北部で100ミリメートル程度で、ステップまたは低木草原となり、南部では800ミリメートルでサバンナ景観を示す。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルドファン高原の関連キーワードアハガル山地プトラナ高原プラトー高位ラテライト台地マグマ型ヘブリディズ式熔岩型無斑晶状中央マグマ型continental plateauHoggar Plateaupyroclastic flow plateau

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone