コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルドファン高原 コルドファンコウゲン

デジタル大辞泉の解説

コルドファン‐こうげん〔‐カウゲン〕【コルドファン高原】

Kordofan Plateau》スーダン中央部の高原。標高約600メートルから1200メートル。旧コルドファン州にあたり、主要都市は北コルドファン州の州都オベイドアラビアゴムの生産が盛ん。ヌバ族が多く住む。コールドファン高原。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルドファン高原
こるどふぁんこうげん
Kordofan Plateau

アフリカ北東部、スーダン中部の高原。標高約600メートルで、標高1200メートルほどの山体が点在する。この高原はスーダンのコルドファン州をなし、これだけで日本の面積よりもすこし大きく、38万平方キロメートルある。州都オベイドを中心に約28万人が家畜とともにアラビアゴム、スイカ、トウモロコシ、綿花、ドゥラ(モロコシの一種。Sorghum vulgare)などを栽培している。高原全体が乾燥しており、年降水量は北部で100ミリメートル程度で、ステップまたは低木草原となり、南部では800ミリメートルでサバンナ景観を示す。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コルドファン高原の関連キーワードキツネ信行