コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンクリートミキサー concrete mixer

翻訳|concrete mixer

百科事典マイペディアの解説

コンクリートミキサー

セメント,水,骨材を配合し内部に傾斜した翼をもつドラムを回転しコンクリートを練る機械。ふつう1回の練混ぜに必要な材料を投入,一定時間後全部取り出すバッチミキサーが使用される。
→関連項目ミキサー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

コンクリートミキサー【concrete mixer】

セメント・砂・砂利・水を回転する羽根車で混ぜて、均質なコンクリートを作る機械。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンクリートミキサー
こんくりーとみきさー
concrete mixer

コンクリート材料を練り混ぜる機械。練り混ぜ方式によりバッチbatch式と連続式とに大別される。バッチ式ミキサーは、混練槽内に1回分ずつコンクリート材料を入れて練り混ぜる形式のもので、重力式ミキサーと強制攪拌(こうはん)式ミキサーとに分類される。重力式ミキサーは、回転するドラム内に固定された羽根をもつもので、ドラムを傾けて練り上がったコンクリートを排出する形式のものを可傾式、ドラムを傾けずにコンクリートを吐き出させるものを不傾式という。土木工事現場などでもっとも広く用いられるのは可傾式の重力式ミキサーで、不傾式ミキサーは硬練りのコンクリートに不向きなのであまり使用されない。強制攪拌式ミキサーは、混練槽が固定され、槽内で羽根が回転する形式のもので、可傾式に比べ一般に練り混ぜ時間が短くてすむが、所要動力および混合羽根、混練槽内面の摩耗が大きい。
 連続ミキサーは、コンクリート材料を連続的に投入しながら練り上げる新形式のミキサーで、近年その開発、改善が進み、実用に供されている。[河野 彰・清水 仁・鴫谷 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコンクリートミキサーの言及

【建設機械】より

…基礎工事用機械としては,杭打機や,硬土盤掘削のためのベノト掘削機(フランスのベノト社の開発)などの専用機がある。骨材製造用の機械としては,岩石を破砕する種々のクラッシャー,選別機や分級機があり,また,コンクリート工事用機械としては,セメント輸送装置,各種材料を計量してミキサーに投入するバッチャープラント,コンクリートミキサー,コンクリート運搬機およびコンクリート振動機などがある。盛土工事における整地作業にはグレーダー,締固め作業にはローラー,ランマーや振動締固め機が使用されている。…

※「コンクリートミキサー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンクリートミキサーの関連キーワードコロンバス(アメリカ合衆国、オハイオ州)アトリエ・ワン生コンクリートトラックセメント羽根車

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンクリートミキサーの関連情報