コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンゴ族 コンゴぞく Kongo

2件 の用語解説(コンゴ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンゴ族
コンゴぞく
Kongo

コンゴ族 Bakongoともいう。コンゴ川河口付近を中心に,コンゴ民主共和国アンゴラなどに居住する中央バンツー語系民族。人口約 800万と推定される。 1482年ポルトガル人が訪れた当時までに,コンゴ王国は首長などを近隣諸国に派遣して,強大な中央集権国家を形成していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コンゴぞく【コンゴ族 Kongo】

中部アフリカ,コンゴ川の両岸地域,現在のコンゴ民主共和国,コンゴ共和国,アンゴラの3ヵ国にまたがって居住する大部族。総人口は200万を超えると推定される。15世紀末,ポルトガルの航海者がコンゴ河口からコンゴ王国に入ったさい,その中央集権的な国家組織には目を見はるほどであったという。以来コンゴ王国とポルトガルは交易を通じ緊密な関係を保ち,キリスト教への改宗も進んだ。その後,コンゴ王国は崩壊し,コンゴ族は今日ではもはや中央集権的な政治制度をもっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコンゴ族の言及

【アンゴラ】より

…アンゴラには100以上の部族が居住するといわれるが,オビンブンドゥ,ムブンドゥ(キンブンドゥ),コンゴ,チョクウェ,ヌガンゲラ,ニャネカ,フンベ,ヘレロ,アンボなどの諸部族が有力である。なかでも中・南部のオビンブンドゥ族,北西部のムブンドゥ族,北部のコンゴ族の3部族は全人口のそれぞれ35%,20%,10%を占めるといわれている。コンゴ族,ムブンドゥ族はかつてそれぞれコンゴ王国,ヌドンゴ王国を形成していた。…

※「コンゴ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンゴ族の関連キーワードカビンダコンゴ共和国コンゴ川フランス領赤道アフリカ中部アフリカウバンギ[川]カサイ[川]中央アフリカ中部アフリカ経済・関税同盟中部アフリカ諸国銀行

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone