コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンゴ族 コンゴぞくKongo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンゴ族
コンゴぞく
Kongo

バコンゴ族 Bakongoともいう。コンゴ川河口付近を中心に,コンゴ民主共和国,アンゴラなどに居住する中央バンツー語系民族。人口約 800万と推定される。 1482年ポルトガル人が訪れた当時までに,コンゴ王国は首長などを近隣諸国に派遣して,強大な中央集権国家を形成していた。文明の水準は高く,西欧との通商が盛んであったが,1660年ポルトガルに敗れたのち,王国は崩壊した。出自は父系をたどり,リニージをつくる。現在では,社会組織はきわめて分散的で,村単位以上の統合はない。生業は,雑穀,芋類,バナナをはじめ,コーヒー,カカオ,パームやしなども栽培する。狩猟,漁労も一部で行われ,また都市居住者も多い。宗教の中心は祖先崇拝で,20世紀初頭から排欧的な宗教・政治運動が次々と起った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンゴぞく【コンゴ族 Kongo】

中部アフリカ,コンゴ川の両岸地域,現在のコンゴ民主共和国,コンゴ共和国,アンゴラの3ヵ国にまたがって居住する大部族。総人口は200万を超えると推定される。15世紀末,ポルトガルの航海者がコンゴ河口からコンゴ王国に入ったさい,その中央集権的な国家組織には目を見はるほどであったという。以来コンゴ王国とポルトガルは交易を通じ緊密な関係を保ち,キリスト教への改宗も進んだ。その後,コンゴ王国は崩壊し,コンゴ族は今日ではもはや中央集権的な政治制度をもっていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコンゴ族の言及

【アンゴラ】より

…アンゴラには100以上の部族が居住するといわれるが,オビンブンドゥ,ムブンドゥ(キンブンドゥ),コンゴ,チョクウェ,ヌガンゲラ,ニャネカ,フンベ,ヘレロ,アンボなどの諸部族が有力である。なかでも中・南部のオビンブンドゥ族,北西部のムブンドゥ族,北部のコンゴ族の3部族は全人口のそれぞれ35%,20%,10%を占めるといわれている。コンゴ族,ムブンドゥ族はかつてそれぞれコンゴ王国,ヌドンゴ王国を形成していた。…

※「コンゴ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンゴ族の関連キーワードアンゴラ民族解放戦線シモン キンバングキンバンギズムキンバング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android