コンスタンティノス(7世)(読み)こんすたんてぃのす(英語表記)Konstantinos

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンスタンティノス(7世)
こんすたんてぃのす
Konstantinos
(905―959)

ビザンティン帝国皇帝(在位913~959)。レオン6世の息子。父の死後8歳で即位。38歳で実権を握るまでは母が摂政(せっしょう)となり、義父ロマノス1世が政務をとった。彼の治世下では内外とも比較的平穏な時代が続いたため、彼は生来のギリシア古典学の研究に没頭することができた。自著『バシレイオス1世伝』『わが息子ロマノスへ(通称、帝国統治論)』『テマについて』『ビザンツ宮廷における儀式について』があるほか、『史書抜粋』『続テオファネス年代記』『農学事典』『医学事典』『獣医事典』などを編纂(へんさん)させた。さらにバシリカ法律全集の改訂版を出版させて、マケドニア朝の古典学復興に大きく貢献した。[和田 廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android