コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コントラファゴット 〈イタリア〉contrafagotto

百科事典マイペディアの解説

コントラファゴット

ダブル・リード木管楽器。ダブル・バスーンともいう。ファゴットを大型化したもので,音域はさらに1オクターブ低い。独奏には不向きだが,ラベルの《左手のためのピアノ協奏曲》や《マ・メール・ロア》での用法には,この楽器ならではの特異な表現力が見事に引き出されている。→サリュソホーンリード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コントラファゴット
こんとらふぁごっと
contrabassoondouble bassoon英語
Kontrafagottドイツ語
contrebassonフランス語
contrafagottoイタリア語

ダブルリードの木管最低音楽器。木製または金属製。ダブルバスーンともよばれる。ファゴットよりもさらに8度低い、B♭0から2オクターブ以上の音域をもつ。この楽器は17世紀につくられたとされるが、現在の形は19世紀後半にヨハン・A・ヘッケルが考案した。約6メートルの管を縦に4本束ねたように曲げた形で、かなり重いため、底部に支柱ピンを取り付け、抱えるようにして演奏される。合奏のなかで低音を補強する使われ方が多いが、ラベルの管弦楽曲『マ・メール・ロア』の「美女と野獣の対話」では、野獣の主題に独奏で用いられている。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコントラファゴットの言及

【ファゴット】より

…低音域の音色や性格を端的に示す例を有名曲に求めれば,チャイコフスキー《悲愴交響曲》冒頭や,プロコフィエフ《ピーターと狼》(おじいさん役)など,高音域についてはストラビンスキー《春の祭典》冒頭や,ラベル《ボレロ》などがある。 同族楽器で,音域が1オクターブ低いコントラファゴット(ダブル・バスーン)は大編成の際などに用いるほか,ラベルの《マ・メール・ロア》のなかの野獣の声のように,怪異な効果にも利用できる。【北爪 利世】【関根 裕】。…

※「コントラファゴット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コントラファゴットの関連キーワードバス(音楽用語)Wバスーン管弦楽

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android