コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コントルダンス コントルダンス contredanse

4件 の用語解説(コントルダンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コントルダンス
コントルダンス
contredanse

イギリスの郷土舞踊 (カントリー・ダンス) の一つで,17~18世紀に流行した。初めは輪になるか,男女が組になって踊ったが,1710年頃フランスに伝わり,コントルダンス (「相対する踊り」の意) とフランス風に呼ばれるとともに,次第に民俗色が抜けていった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コントルダンス(〈フランス〉contredanse)

18世紀にフランスで流行した舞踊。英国を起源とする二拍子系の速い陽気な踊りで、モーツァルトベートーベンにもこの舞曲を用いた作品がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コントルダンス【contredanse】

一八世紀にフランスを中心に流行した社交ダンス。二拍子系の軽快なリズムで、八小節を単位として反復される。その舞曲を取り入れたベートーベンの「英雄交響曲」終楽章が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コントルダンス
こんとるだんす
contredanseフランス語

18世紀にフランスでもっとも流行したダンス。その起源は、イギリスのカントリー・ダンスが17世紀末にフランスの宮廷に導入されたことにあると思われる。テンポの速い陽気な踊りで、4分の2拍子、8分の6拍子など2拍子系の拍節をもつ。しばしば半小節の、あるいはもっと短い弱起で始まる。8小節を単位とした二つの部分からなり、それぞれの部分は数回反復される。ステップは、フランス固有のガボットブーレの影響を受けて、4人が組になって踊るものであったが、のちに、似た形態をとるカドリーユと区別がつかなくなった。18世紀末もなお人気が衰えず、モーツァルトベートーベンもこの舞曲作品を書き残している。[大崎滋生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コントルダンスの関連キーワードイギリス国教会カントリーイギリス巻ストリートダンスイギリス室内管弦楽団イギリス・バロック管弦楽団ファイナル・カントリーアナザー・カントリーインナ・ビッグ・カントリーモリスダンス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone