コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コントルダンス contredanse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コントルダンス
contredanse

イギリスの郷土舞踊 (カントリー・ダンス) の一つで,17~18世紀に流行した。初めは輪になるか,男女が組になって踊ったが,1710年頃フランスに伝わり,コントルダンス (「相対する踊り」の意) とフランス風に呼ばれるとともに,次第に民俗色が抜けていった。コティヨンカドリーユの組舞はこれから派生した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コントルダンス(〈フランス〉contredanse)

18世紀にフランスで流行した舞踊。英国を起源とする二拍子系の速い陽気な踊りで、モーツァルトベートーベンにもこの舞曲を用いた作品がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コントルダンス【contredanse】

一八世紀にフランスを中心に流行した社交ダンス。二拍子系の軽快なリズムで、八小節を単位として反復される。その舞曲を取り入れたベートーベンの「英雄交響曲」終楽章が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コントルダンス
こんとるだんす
contredanseフランス語

18世紀にフランスでもっとも流行したダンス。その起源は、イギリスのカントリー・ダンスが17世紀末にフランスの宮廷に導入されたことにあると思われる。テンポの速い陽気な踊りで、4分の2拍子、8分の6拍子など2拍子系の拍節をもつ。しばしば半小節の、あるいはもっと短い弱起で始まる。8小節を単位とした二つの部分からなり、それぞれの部分は数回反復される。ステップは、フランス固有のガボットやブーレの影響を受けて、4人が組になって踊るものであったが、のちに、似た形態をとるカドリーユと区別がつかなくなった。18世紀末もなお人気が衰えず、モーツァルトやベートーベンもこの舞曲作品を書き残している。[大崎滋生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コントルダンスの関連キーワード社交ダンスハバネラリズム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android