コンビネーション(英語表記)combination

翻訳|combination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コンビネーション」の解説

コンビネーション
combination

一般的には組合せ結合などのであるが,服飾では上衣,下衣が継ぎ合され,一枚に仕立てられた下着をさす。してコンビともいう。 19世紀末,シュミーズドロワーズとをつないだものが発案され,その後,紳士用シャツとズボン下,女性や子供用のアンダーシャツとドロワーズまたはパンツをつないだものなどが生れた。いずれも有袖,無袖の両方がある。材料は,リネンメリノなど。初めは単純なものが多かったが,1890年代にはレースやリボンなどの装飾がみられるようになった。現在では女性用ファンデーション肌着とをつないだオール・イン・ワン,ブラスリップなどにその例をみることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「コンビネーション」の解説

コンビネーション

〘名〙 (combination)
事物の取り合わせ、組み合わせのこと。また、チームワークのこと。コンビ。〔舶来語便覧(1912)〕
上下のつながった衣服。シャツとズボン下がつながった下着。〔新しい言葉の(1928)〕
※風ふたたび(1951)〈永井龍男〉のれんの内外「はばかるところなく帯をとき、〈略〉コンビネーション一つになった」
③ 二つ以上の異なった色や材料を組み合わせた靴。コンビ。
※めし(1951)〈林芙美子遊覧バス「靴は、白と茶色のコンビネーション」
④ 野で、投手打者に投げる球の球種の組み合わせ。配球
数学で、組み合わせをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「コンビネーション」の解説

コンビネーション(combination)

組み合わせ。組み合わさったもの。「色のコンビネーションがよい」「コンビネーションサラダ」
二人、または二つの物の組み合わせ。コンビ。「コンビネーションプレイ」
野球で、配球。
シャツとズボン下などが続いている下着。または上下続きの作業服。つなぎ。コンビネゾン
革とズック、または色の違う革を組み合わせて作った靴。コンビ。
組み合わせ2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「コンビネーション」の解説

コンビネーション

上下が組み合わされてひと続きになった下着。19世紀末に男性の下着として普及した。女性用ではシュミーズとパンティまたはズロース組合せ,袖(そで)なしのアンダーシャツとズロースの組合せなどが長く使われていた。また白と茶,白と黒などの組合せの靴のこともいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のコンビネーションの言及

【下着】より

…いずれも木綿,麻,絹,羊毛,化学繊維などでつくられ,白,肌色,あるいは上に着る衣服と同色のものが用いられる。肌着にはアンダーシャツと呼ばれる上半身に着るシャツ類(ランニングシャツなど),ブリーフ,パンティ,ショーツ,ドロワーズ(日本ではズロースとも呼ばれる),股引すててこなど下半身に着けるもの,上半身から下腿部まで覆うひと続きのコンビネーションなどがある。いずれも吸湿性,通風性,伸縮性,保温性に富む素材でつくられ,メリヤスなどニット製品が多い。…

※「コンビネーション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android