コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンピューター・アーキテクチャー こんぴゅーたーあーきてくちゃー computer architecture

1件 の用語解説(コンピューター・アーキテクチャーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

コンピューター・アーキテクチャー

コンピューターの論理的な構造。方式ともいう。具体的な電子回路デバイス(マウスキーボード周辺機器)などのハードウエアからは独立した概念。一般にアーキテクチャー(設計思想)の広い定義は、コンピューターの各階層において、下位の要素がどのように結合され、全体としてシステムの機能をいかに実現しているかを意味する。アーキテクチャーは各階層において定義できるが、単にアーキテクチャーと言った場合、基本的なソフトウエアを書くプログラマーにとって、ハードウエアの構造がどのように見えているかを意味する。具体的には、機械語命令の形式とその解読と実行、命令やデータの記憶、外部との通信制御などにおける演算器とレジスターの論理的な構成方式である。

(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンピューター・アーキテクチャーの関連キーワードオフィスコンピューターニューロコンピューター非ノイマン型コンピューターコンピューターアートコンピューター組版コンピューターゲームコンピュートピアハイブリッドコンピューターミニコンピューターボードコンピューター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone