コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コース石 コースせき

2件 の用語解説(コース石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コース石
コースせき

コーサイト」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コース石
こーすせき
coesite

二酸化ケイ素の高圧相の鉱物。コーサイトともいう。鱗珪(りんけい)石、スティショバイト、石英と同質異像関係にある。つねに、数マイクロメートル以下の微粒の集合として産する。隕石(いんせき)が地上に落下して、そのとき生ずる瞬間的高圧によって、岩石中の石英がコース石に転移する。最初、アメリカ・アリゾナ州のメテオール・クレーターMeteor crater(バリンジャー隕石孔ともいう)のココニノ砂岩中から発見され、その後、サウジアラビア、ドイツ、ガーナからもみつかっている。また、アルプスや中国の超高圧変成岩からも発見されている。コース石は温度500~800℃、圧力3.0~3.5ギガパスカル(約3万~3万5000気圧)で合成される。この物質を最初に合成したアメリカの化学者コースLoring Coes, Jr.(1915―1973)にちなんで命名された。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone