コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーデックス コーデックス codex

翻訳|codex

2件 の用語解説(コーデックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーデックス
コーデックス
codex

冊子本や絵文書のことをさす。ラテン語で木の幹の意。普通の書物の形式で巻物形式のロトゥルス (巻子本 ) に対する語。写本の一形式で,歴史的には巻子本が古い。4つ折り8ページの羊皮紙を綴り合せてつくる冊子本の形式は前1世紀頃に始められたとされているが,盛んに行われるようになったのは4世紀頃からで,中世の聖書手写本などが典型的な例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

コーデックス

(1)書物形態の一種で,紙のようなシート状の書写材料を複数枚重ね合わせ,その一辺をとじたもの.冊子体の原形であり,本来は2枚以上の木や象牙の板を蝶番でつないだものを意味していたが,後にパピルス,べラム,羊皮紙,紙をとじた写本を意味するようになった.初期の書物形態である巻物(巻子本)は,読むのに不便で時間がかかり検索も困難であったが,ヨーロッパでは4世紀頃からコーデックスが一般的となり,書物の一覧性や検索機能ばかりでなく保存性も著しく向上した.(2)ローマ法を集成した書物.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーデックスの関連キーワード冊子本俗ラテン語セルリアンブルー古典語冊子題簽羅甸プレクサスバシラーバシライト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーデックスの関連情報