コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コードネーム(読み)こーどねーむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コードネーム

最終的な製品名(型番)が決定していない、開発途中のハードウェア/ソフトウェアに付けられる名前。たとえばMicrosoftのWindows 95には「Chicago(シカゴ)」、Internet Information Serverには「Gibraltar(ジブラルタル)」というコードネームが付けられていた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

コードネーム

開発中の製品に付ける仮の名前です。Vistaのコードネームは「ロングホーン」、7の初期のコードネームは「ブラックコーム」でした。製品名が決まっていない場合や隠しておきたい場合などに使われます。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

コード‐ネーム(chord name)

軽音楽で使う和音記号。Cm, C7など。

コード‐ネーム(code name)

軍事作戦や開発中の製品などの秘密を守るために、当事者間だけで用いる名。→開発コード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コードネーム【chord name】

ジャズやポピュラー音楽で用いる和音の記号。例えば Cm.や G7など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コードネームの関連情報