ゴットシェット(英語表記)Johann Christoph Gottsched

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴットシェット
ごっとしぇっと
Johann Christoph Gottsched
(1700―1766)

ドイツの啓蒙(けいもう)思想家、劇作家、文芸批評家。東プロイセンの牧師の子に生まれ、ケーニヒスベルクで神学と哲学を修める。1724年ライプツィヒに移り、同大学で哲学と詩学を講じる。かたわら同志を糾合して師C・ウォルフの啓蒙哲学の普及、標準ドイツ語の育成、フランス古典劇を範とする演劇改革を強力に推進し、当時のライプツィヒをドイツ文化活動の中心たらしめた。著作には一連の評論のほか、『批判的詩論』(1730)、『哲学階梯(かいてい)』(1733~1734)、『修辞学詳解』(1736)、『ドイツ戯曲集』(編著、1740~1745)、P・ベールの『辞典』の翻訳(1741~1744)、『ドイツ文法原論』(1748)など。文芸論はフランス古典主義への偏向、想像力に対する悟性偏重のため、1740年代にはスイスのJ・J・ボードマーらから批判を浴び、1760年代のG・E・レッシングによって完全に克服されるが、後進国ドイツの近代文学の成立に果たした役割は大きい。[南大路振一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゴットシェット

(Johann Christoph Gottsched ヨハン=クリストフ━) ドイツの評論家。師ウォルフの哲学の影響を受け、啓蒙的な評論活動を行ない、「批判的詩論の試み」を著わして近代芸術理論を体系づけた。かたわら演劇改革運動にも参加。(一七〇〇‐六六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android