コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴットシェット ゴットシェット Johann Christoph Gottsched

2件 の用語解説(ゴットシェットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴットシェット(Johann Christoph Gottsched)

[1700~1766]ドイツの評論家。啓蒙主義者として母国語・演劇などの改革に貢献。著「批判的作詩法の試み」。ゴットシェート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴットシェット
ごっとしぇっと
Johann Christoph Gottsched
(1700―1766)

ドイツの啓蒙(けいもう)思想家、劇作家、文芸批評家。東プロイセンの牧師の子に生まれ、ケーニヒスベルクで神学と哲学を修める。1724年ライプツィヒに移り、同大学で哲学と詩学を講じる。かたわら同志を糾合して師C・ウォルフの啓蒙哲学の普及、標準ドイツ語の育成、フランス古典劇を範とする演劇改革を強力に推進し、当時のライプツィヒをドイツ文化活動の中心たらしめた。著作には一連の評論のほか、『批判的詩論』(1730)、『哲学階梯(かいてい)』(1733~1734)、『修辞学詳解』(1736)、『ドイツ戯曲集』(編著、1740~1745)、P・ベールの『辞典』の翻訳(1741~1744)、『ドイツ文法原論』(1748)など。文芸論はフランス古典主義への偏向、想像力に対する悟性偏重のため、1740年代にはスイスのJ・J・ボードマーらから批判を浴び、1760年代のG・E・レッシングによって完全に克服されるが、後進国ドイツの近代文学の成立に果たした役割は大きい。[南大路振一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴットシェットの関連キーワードグリム西ドイツハイネブントメーリング評論家統一ドイツ西義之芳賀檀檜山良昭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone