コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴットシェット Johann Christoph Gottsched

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴットシェット
ごっとしぇっと
Johann Christoph Gottsched
(1700―1766)

ドイツの啓蒙(けいもう)思想家、劇作家、文芸批評家。東プロイセンの牧師の子に生まれ、ケーニヒスベルクで神学と哲学を修める。1724年ライプツィヒに移り、同大学で哲学と詩学を講じる。かたわら同志を糾合して師C・ウォルフの啓蒙哲学の普及、標準ドイツ語の育成、フランス古典劇を範とする演劇改革を強力に推進し、当時のライプツィヒをドイツ文化活動の中心たらしめた。著作には一連の評論のほか、『批判的詩論』(1730)、『哲学階梯(かいてい)』(1733~1734)、『修辞学詳解』(1736)、『ドイツ戯曲集』(編著、1740~1745)、P・ベールの『辞典』の翻訳(1741~1744)、『ドイツ文法原論』(1748)など。文芸論はフランス古典主義への偏向、想像力に対する悟性偏重のため、1740年代にはスイスのJ・J・ボードマーらから批判を浴び、1760年代のG・E・レッシングによって完全に克服されるが、後進国ドイツの近代文学の成立に果たした役割は大きい。[南大路振一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴットシェットの関連キーワードボードマー(Johann Jakob Bodmer、批評家)ドイツ演劇擬古典主義近代文学ノイバー古典主義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android