コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴバ ゴバGoba

4件 の用語解説(ゴバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴバ
ゴバ
Goba

エチオピア南部の町。アジスアベバ南東約 250km,メンデボ山脈東端に位置。林・畜産物の集散地。国内空港がある。人口2万 8112 (1989推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴバ
ゴバ
Gobat, Charles-Albert

[生]1834.5.21. スイス,トラメラン
[没]1914.3.16. スイス,ベルン
スイスの政治家,行政官,慈善家,作家。初めベルンとデレモン弁護士をつとめるとともに,ソルボンヌ大学フランス民法を講じた。 1884年国会議員となり,90年から国家評議会委員。 1888年初頭から W.R.クリーマー (1903年のノーベル平和賞受賞者) が設立した列国議会同盟 (IPU) に参加,92年ベルンで開催された第4回会議で議長をつとめ,各国の平和運動や国際間の調停,各国議会間の連携に関する情報機関として列国議会局の設置に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴバ
ごば
Charles Albert Gobat
(1843―1914)

スイスの政治家。プロテスタントの牧師の息子として、トラメランに生まれる。バーゼル大学、ベルン大学、ハイデルベルク大学で学び、1867年法学博士号を取得した。その後、法学の研究に努め、ベルンで法律事務所を開き、1882年から1912年までベルン大学で法律の講義を行った。また1882年以降、ベルン州の公共機関の特別管理職を30年間務め、教育改革を推進した。その間、1886~1887年に州知事となり、また国会議員、国家評議会委員なども務めた。
 一方、彼は国際平和運動に強い関心をもち、第1回ノーベル平和賞受賞者パシーや第3回ノーベル平和賞受賞者クリーマーらが設立した、各国の国会議員の連合体である列国議会同盟の活動を支持し、その事務局長や理事を務めた。この活動に対して1902年にノーベル平和賞が授与された。同時に受賞したデュコマンが死去すると、彼が務めていた国際平和局International Peace Bureauの事務局長を引き継ぎ、列国議会同盟と国際平和局という二つの大きな世界平和組織を指揮した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴバの関連情報