コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴムウカ Gomułka, Władysław

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴムウカ
Gomułka, Władysław

[生]1905.2.6. クロスノ近郊
[没]1982.9.1. ワルシャワ
ポーランドの政治家。小学校卒業後,職人見習いとして働き,16歳で社会主義運動に参加。 1926年ポーランド共産党に入党。 1932~34,1936~39年労働運動に従事したため投獄された。この間の 1934~35年モスクワの国際レーニン学校で学ぶ。 1942年ワルシャワに移り,ドイツ占領下で地下抵抗運動を組織し,同年ポーランド労働者党中央委員会のメンバーとなり,翌 1943年書記長に就任した (1945年から副首相兼任) 。党内で実権を握ったモスクワ亡命派から民族主義者として批判され,1948年 12月以降公職から追放され,党からも除名された。 1951~54年投獄されたが 1956年8月復党,10月にポズナン暴動以後の民主化の波に乗り,大衆の人気を得てポーランド統一労働者党第1書記に就任,さまざまな改革に着手した。しかし,しだいに保守化して知識人層と対立,労働者大衆からも孤立。 1970年 12月にドイツ連邦共和国 (西ドイツ) との国交正常化を成し遂げたが,同じ月にグダニスク暴動が起こって失脚した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴムウカ
ごむうか

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴムウカの関連キーワードロコソフスキーウィシンスキヤロシェビチポーランド史モチャールギエレク2月6日緩衝地帯クリシコランゲオハプ実権入党

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android