コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴリツィア ゴリツィアGorizia

4件 の用語解説(ゴリツィアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴリツィア
ゴリツィア
Gorizia

スロベニア語ではゴリツァ Gorica。イタリア北東部,フリウリベネチアジュリアゴリツィア県の県都。トリエステの北北西約 35km,スロベニアとの国境に位置する。コレデルカステロからイゾンツォ河岸まで広がる高地が北風をさえぎるので,温暖な気候に恵まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴリツィア(Gorizia)

イタリア北東部、フリウリベネチアジュリア自治州の都市。スロベニアとの国境に位置する。第二次大戦後、東の一角がユーゴスラビア領(現スロベニア)ノバゴリツァになった。2004年、スロベニアのEU加盟後は国境の壁や検問所が撤廃され、自由な往来が可能になった。ゴリツィア城、ゴリツィア大聖堂などの歴史的建造物が残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゴリツィア【Gorizia】

イタリア北東部,フリウリ・ベネチア・ジュリア州の都市。人口4万1325(1981)。スロベニアとの国境に位置し,主産業は綿・絹織物セメント,建材製造など。16世紀以来,オーストリア領であったが,第1次大戦中,オーストリア軍とイタリア軍の激戦地となり,1919年イタリア領となった。47年,ユーゴスラビア領(現,スロベニア)となった北部地域に,ノバ・ゴリツィアの町ができた。【町田 亘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴリツィア
ごりつぃあ
Gorizia

イタリア北東部、フリウリ・ベネチア・ジュリア自治州ゴリツィア県の県都。人口3万5401(2001国勢調査速報値)。イソンツォ川左岸、スロベニアとの国境沿いに位置する。16世紀以降長らくオーストリアの支配下にあったが、第一次世界大戦によってイタリア領となる。第二次世界大戦後、東の一角がユーゴスラビア領(現スロベニア)になった。旧ユーゴ地域との交通、商業の拠点であるほか、近郊を含めて、工業都市としての性格を強めつつある。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone