コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーサーラ ゴーサーラ Gosāla, Makkhali

2件 の用語解説(ゴーサーラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーサーラ
ゴーサーラ
Gosāla, Makkhali

前6~5世紀頃のインド思想家。いわゆる六師外道の一人で,漢訳仏典では邪命外道と訳されているアージービカ教を信奉していたと伝えられる。彼は生きているものを構成している要素として,霊魂,地,水,火,風,虚空,得,失,苦,楽,生,死の 12種を考えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴーサーラ
ごーさーら
Makkhali Gosla

生没年不詳。古代インドの思想家で、アージービカ派の主導者。釈迦(しゃか)と同時代人で、六師外道(ろくしげどう)の一人。遍歴者を両親として牛舎の一隅に生まれ、ジャイナ教の開祖マハービーラとは一時期、修行をともにしたと伝えられる。彼は個人の業(ごう)による因果応報(いんがおうほう)を否定し、徹底した宿命論を説いた。輪廻(りんね)の期間は一定であり、そこにおける苦楽もまた定まっている。いっさいの生類は運命と状況と本性とに支配されて苦楽を享受し、人間の自由意志は否定される。賢者も愚者も840万大劫(こう)の間を輪廻して苦の終わりに至ることは、あたかも投げられた巻き糸が解け終わるまで転がっていくごとくである、という。[松田愼也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴーサーラの関連キーワードウナムーノ韓非思想家車匿曽参摩訶陀カオレサンジャヤ・ベーラッティプッタ釈迦族《平等のためのいわゆるバブーフの陰謀》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone