サイコ(読み)さいこ(英語表記)Psycho

翻訳|psycho

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイコ(映画)
さいこ
Psycho

アメリカ映画。1960年作品。アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作。遠距離恋愛を続けるマリオン(ジャネット・リーJanet Leigh、1927―2004)は、仕事で大金を預かり、ふらふらと恋人のもとに向かう途中、モーテルで殺されてしまう。死んだ母親に精神を支配され、母の声の命ずるままに次々と女性を殺害する犯人像、モーテルでの凄惨(せいさん)な殺人シーンの表現、上映途中からの入場を監督が直々に禁じた公開法、テレビドラマの制作態勢を取り入れた少人数の撮影など、公開当時から話題に事欠かず、異常心理をふまえたドラマは「サイコ」という概念・言葉を普及させ、従来のサスペンス映画、怪奇映画の概念を変えた。共演アンソニー・パーキンスAnthony Perkins(1932―1992)。原作は、殺人鬼エド・ゲインEd Gein(1906―1984)の事件を題材としたロバート・ブロックRobert Albert Bloch(1917―1994)による同名のスリラー小説。音楽はバーナード・ハーマン。後に続編(『サイコ2』1998年、『サイコ3 怨霊(おんりょう)の囁(ささや)き』1986年)が製作されているほか、カラーのリメイク作品(『サイコ』1998年)も製作された。[出口丈人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイコの関連情報