サイハイラン(英語表記)Cremastra appendiculata (D.Don) Makino

世界大百科事典 第2版の解説

サイハイラン【Cremastra appendiculata (D.Don) Makino】

日本全国の低山に普通に見られる地生ラン(イラスト)。和名は花茎の一方向に花をつける花序采配に見立てたもの。地下に偽鱗茎があり,連なる。葉は普通1枚,長楕円形で長さ25~40cm,エビネの葉に似る。5~6月,高さ30~50cmの花茎に密に10~20個の花をつける。花は下垂し,ややらっぱ状に開く。花色は紅紫色から黄褐色まで変異に富む。唇弁は先の方で3裂し,蕊柱(ずいちゆう)を取り囲む。花粉塊は4個。サハリン南部,南千島から九州,朝鮮南部,中国,台湾ヒマラヤに分布し,おもに温帯林床に生育する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイハイラン
さいはいらん / 采配蘭
[学]Cremastra appendiculata (D.Don) Makino

ラン科(APG分類:ラン科)の多年草。地下に偽鱗茎(ぎりんけい)があり、連なる。偽鱗茎の先に、葉を普通1枚つける。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ25~40センチメートル、幅約5センチメートル。葉に淡黄色の斑点(はんてん)があるものもある。5~6月、高さ30~50センチメートルの花茎に10~20個の花が偏って密につく。花は下垂し、やや漏斗(ろうと)状に開き、花色は紅紫色から黄褐色と変異に富む。おもに温帯の林床に生え、北海道から九州、および朝鮮半島南部、台湾、中国、ヒマラヤ、樺太(からふと)(サハリン)南部に分布する。偽鱗茎は粘質物を含み、サレップ根(ヨーロッパ産のラン科植物オルキス属Orchisの根)の代用として、胃腸カタルなどに粘滑薬として用いる。また漢方では鎮痛、止血に用いる。名は、花序につく花のようすを采配に見立てたもの。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android