コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイハイラン Cremastra appendiculata (D.Don) Makino

世界大百科事典 第2版の解説

サイハイラン【Cremastra appendiculata (D.Don) Makino】

日本全国の低山に普通に見られる地生ラン(イラスト)。和名は花茎の一方向に花をつける花序を采配に見立てたもの。地下に偽鱗茎があり,連なる。葉は普通1枚,長楕円形で長さ25~40cm,エビネの葉に似る。5~6月,高さ30~50cmの花茎に密に10~20個の花をつける。花は下垂し,ややらっぱ状に開く。花色は紅紫色から黄褐色まで変異に富む。唇弁は先の方で3裂し,蕊柱(ずいちゆう)を取り囲む。花粉塊は4個。サハリン南部,南千島から九州,朝鮮南部,中国,台湾,ヒマラヤに分布し,おもに温帯林床に生育する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイハイラン
さいはいらん / 采配蘭
[学]Cremastra appendiculata (D. Don) Makino

ラン科の多年草。地下に偽鱗茎(りんけい)があり、連なる。偽鱗茎の先に、葉を普通1枚つける。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ25~40センチメートル、幅約5センチメートル。葉に淡黄色の斑点(はんてん)があるものもある。5~6月、高さ30~50センチメートルの花茎に10~20個の花が偏って密につく。花は下垂し、やや漏斗(ろうと)状に開き、花色は紅紫色から黄褐色と変異に富む。おもに温帯の林床に生え、北海道から九州、および朝鮮半島南部、中国、ヒマラヤ、樺太(からふと)(サハリン)南部に分布する。偽鱗茎は粘質物を含み、サレップ根(ヨーロッパ産のラン科植物オルキス属Orchisの根)の代用として、胃腸カタルなどに粘滑薬として用いる。また漢方では鎮痛、止血に用いる。名は、花序につく花のようすを采配に見立てたもの。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サイハイランの関連キーワードラン科采配草井上

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android