コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイハイラン Cremastra appendiculata (D.Don) Makino

2件 の用語解説(サイハイランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サイハイラン【Cremastra appendiculata (D.Don) Makino】

日本全国の低山に普通に見られる地生ラン(イラスト)。和名は花茎の一方向に花をつける花序を采配に見立てたもの。地下に偽鱗茎があり,連なる。葉は普通1枚,長楕円形で長さ25~40cm,エビネの葉に似る。5~6月,高さ30~50cmの花茎に密に10~20個の花をつける。花は下垂し,ややらっぱ状に開く。花色は紅紫色から黄褐色まで変異に富む。唇弁は先の方で3裂し,蕊柱(ずいちゆう)を取り囲む。花粉塊は4個。サハリン南部,南千島から九州,朝鮮南部,中国,台湾,ヒマラヤに分布し,おもに温帯の林床に生育する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイハイラン
さいはいらん / 采配蘭
[学]Cremastra appendiculata (D. Don) Makino

ラン科の多年草。地下に偽鱗茎(りんけい)があり、連なる。偽鱗茎の先に、葉を普通1枚つける。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ25~40センチメートル、幅約5センチメートル。葉に淡黄色の斑点(はんてん)があるものもある。5~6月、高さ30~50センチメートルの花茎に10~20個の花が偏って密につく。花は下垂し、やや漏斗(ろうと)状に開き、花色は紅紫色から黄褐色と変異に富む。おもに温帯の林床に生え、北海道から九州、および朝鮮半島南部、中国、ヒマラヤ、樺太(からふと)(サハリン)南部に分布する。偽鱗茎は粘質物を含み、サレップ根(ヨーロッパ産のラン科植物オルキス属Orchisの根)の代用として、胃腸カタルなどに粘滑薬として用いる。また漢方では鎮痛、止血に用いる。名は、花序につく花のようすを采配に見立てたもの。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイハイランの関連キーワードアジアンタム切り袴地生え猩猩蜻蛉菜虫後架虻アルミナ質ラテライト膨縮構造環礁組織輝石ホルンフェルス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイハイランの関連情報