コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイリスター thyristor

百科事典マイペディアの解説

サイリスター

電流の導通または阻止を制御することができる半導体整流素子の総称。サイラトロンに似た働きをするという意から命名されたもの。代表的なものであるシリコン制御整流素子SCR)は,p-n-p-n構造をもった,逆素子3端子サイリスターで,p形あるいはn形半導体の層にゲート電極があり,ゲート電流により主電流を制御することでスイッチング動作が行われる。阻止電圧2500ボルト,平均電流500アンペア程度の大電力用のものも作られている。整流器インバーター,コンバーター等に用いられるほか,各種のスイッチ素子として,蛍光灯などの調光装置,扇風機等の電動機(回転速度)制御,自動制御,周波数変換(50Hzを60Hzになど),計算機等に広く利用される。また,ゲートから逆に電流を引き出すことによって,オン・オフの制御ができるターンオフサイリスター(GTOサイリスター),光によってターンオンできる光サイリスターも開発され,大電力装置に使用されている。
→関連項目SCRシリコン制御整流素子電気ブレーキ変換機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイリスター【thyristor】

半導体デバイスの一種。外部回路から見ると,スイッチと等価のような二つの安定状態をもち,オフ状態からオン状態へ,あるいはまたその逆の切替えを行える。三つ以上のp‐n接合をもち,そのスイッチング作用により電力の流れを制御する目的におもに使用される。すなわち,電力変換装置や半導体のスイッチとしての応用である。その容量は家電製品で用いられる数百V,数A級のものから,電力システム用の数千V,数千A級まで広範囲にわたっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サイリスター【thyristor】

出力直流電流を制御する半導体整流素子。シリコンの npnp の四層からなり、両端の電極とゲートと呼ばれる第三の端子をもつ。動作が速く、効率がよく、小型で長寿命である。 SCR 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android