サウスシェトランド諸島(読み)サウスシェトランドしょとう(英語表記)South Shetland Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウスシェトランド諸島
サウスシェトランドしょとう
South Shetland Islands

南極大陸,南極半島先端の沖合いにある火山性の島群。クラレンス,キングジョージ,リビングストンスミス,デセプションなどの島々から成る。総面積約 4600km2。 1819年イギリスの W.スミスによって発見された。接近が比較的容易で,アルゼンチン,チリ,イギリスなどの多くの南極観測基地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サウスシェトランド‐しょとう〔‐シヨタウ〕【サウスシェトランド諸島】

South Shetland Islands》南極大陸の南極半島の北方、南大西洋のドレーク海峡に浮かぶ諸島。南緯61~64度、西経53~63度の約500キロメートルにわたり、キングジョージ島リビングストン島グリニッジ島エレファント島ディセプション島をはじめ20以上の火山性の島々が点在する。1819年に英国のウィリアム=スミスにより発見された。英国とアルゼンチンが領有を主張しているが、南極条約により凍結。夏季に観光クルーズ船が就航する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android