コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクラタデ

世界大百科事典 第2版の解説

サクラタデ【Polygonum conspicuum Nakai】

川岸や平地日当りのよい湿地に群生するタデ科の多年草。茎は直立し,分枝しながら高さ1mに達し,円柱形で剛直。葉は披針形で長さ7~13cm,質は厚く短毛があり,しばしば中央に淡い斑紋をもつ。葉鞘(ようしよう)は筒状で淡褐色,あらい毛と長い縁毛がある。花期は9~10月,花はやや密な穂状につく。花被片は淡紅色で5枚,長さ5mm,タデ属中では大きく,サクラの花のように開き,美しい。おしべは8本,花柱は3本。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサクラタデの言及

【タデ(蓼)】より

…狭義にはヤナギタデをさし,広義にはタデ科タデ属Polygonum(英名smartweed,knotgrass,knotweed)のヤナギタデに類似した植物(イヌタデサクラタデオンタデなど)を総称する。 〈蓼食う虫も好き好き〉の語源となった葉の辛いヤナギタデP.hydropiper L.(英名water pepper)(イラスト)はタデ科の一年草で,マタデ,ホンタデとも呼ばれ,葉の辛い真正のタデを意味する。…

※「サクラタデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サクラタデの関連キーワードシロバナサクラタデタデ(蓼)雌雄異株川岸蓼擬

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android