コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトプラ山脈 サトプラさんみゃく Satpura Range

3件 の用語解説(サトプラ山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サトプラ山脈
サトプラさんみゃく
Satpura Range

インド中部から西部にかけ,ナルマダ川タプティ川にはさまれて続く山脈。おもにデカン溶岩から成り,高原状の地形をなして東西約 960kmにわたる。平均標高 610~760m。マディヤプラデーシュ,マハーラーシュトラ両州の境界付近が高く,最高点は 1350m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サトプラ‐さんみゃく【サトプラ山脈】

Satpura Range》インド中部を東西に走る山脈。全長約900キロメートル。ナルマダ川とタプティ川に挟まれ、西ガーツ山脈東ガーツ山脈の北端付近を結ぶ。最高点は1350メートルビンディア山脈とともにインド半島を文化的・民族的に南北に二分する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サトプラ山脈
さとぷらさんみゃく
Satpura Range

インド半島北部を西南西から東北東に走る長さ約900キロメートルの山脈。狭義には西流するタプティ川とナルマダ川に挟まれた山塊のことをいう。ほとんどがデカン溶岩からなる。サトプラとは「七つのひだ」を意味し、多くの山列に開析されている。最高峰は中央部のダプガール山(1350メートル)。この山脈はアーリア人南下の障害となり、インド半島のドラビダ文化圏との境界をなした。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サトプラ山脈の関連キーワードダルマガエルマラータアウターアイランズタマンナルマダナルマダ離宮クリミナル・マインドナルマダー[川]タイの山岳民族埼玉県入間郡マガル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone