コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバフグ

3件 の用語解説(サバフグの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サバフグ

フグ科の魚。地方名キンフグ,ギンフグカナトフクなど。全長15cm程度。背面は灰青色,腹面は銀白色。福島・山形以南〜インド洋太平洋に広く分布。ほとんど無毒であるが,味がトラフグなどには及ばないためフグ料理には用いられず,干物にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバフグ
サバフグ

シロサバフグ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバフグ
さばふぐ / 鯖河豚

硬骨魚綱フグ目フグ科のサバフグ属の総称であるが、そのなかでもシロサバフグとクロサバフグをさす。従来、和名サバフグとしてLagocephalus spadiceusの学名が与えられていたが、最近の研究により、真のL. spadiceusとは異なることが判明した。このため、従来サバフグとされていた種にはシロサバフグL. wheeleriという名が与えられた。真のL. spadiceusの形態や分布については、さらに研究を要する。
 サバフグ属には、日本近海にはシロサバフグのほか、クロサバフグ、カナフグ、クマサカフグなどが分布し、東シナ海からインド洋およびアフリカ南部海域には、肉に強毒をもつドクサバフグを産する。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サバフグの関連キーワード草河豚鯖河豚潮際河豚玄品ふぐショウサイフグナシフグフグ(河豚)フグ毒サバフグ(鯖河豚)ヒガンフグ(彼岸河豚)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サバフグの関連情報