コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サムスン サムスンSamsun

3件 の用語解説(サムスンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サムスン
サムスン
Samsun

古代のアミソストルコ中央北部の港湾都市で,同名県の県都。クズル川イェシル川沖積平野の中間に位置する黒海南岸で最大の都市。都心の北西の岬にあったアミソスは前7世紀に建設され,シノペに次いで栄えたミレトス植民都市であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サムスン(Samsun)

トルコ北部、黒海沿岸の港湾都市。周辺にはタバコや茶を産する豊かな農村地帯が広がり、工業、商業も盛ん。紀元前7世紀に古代ギリシャ人が築いた植民都市アミススに起源する。古代ローマ帝国東ローマ帝国セルジュークトルコなどに支配され、15世紀初めよりオスマン帝国領。1919年5月19日、後の初代大統領ケマル=アタチュルクが海路よりサムスン港に上陸し、共和国樹立に向けた抵抗運動を始めたことで知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サムスン
さむすん
Samsun

トルコの小アジア半島北岸、黒海に臨む港湾都市。サムスン県の県都。人口36万3180(2000)。クズル・ウルマク川とイェシル・ウルマク川がつくる二つの三角州に挟まれた湾奥に位置する。周辺はタバコ、野菜、果実などを産する豊かな農村地帯で、これらの農産物を集散するほか、化学肥料・たばこ工業がある。海上・道路・鉄道交通の要衝でもあり、商業活動も盛んで、例年8月には内国見本市が開かれる。空港も所在する。
 紀元前7世紀のギリシア人の植民市アミススに起源し、ポントゥス王国、ローマ帝国などに領有された。12世紀にはセルジューク帝国、1419年からはオスマン帝国の支配下に入った。1919年5月19日には、イスタンブールから海路ケマル・アタチュルクがこの地に上陸し、共和国樹立へ向けての活動を開始した。市内の広場にはその史実を象徴する馬上のケマル・アタチュルクの銅像がある。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サムスンの関連情報