コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモエード諸語 サモエードしょご

百科事典マイペディアの解説

サモエード諸語【サモエードしょご】

フィンランド語やハンガリー語などとともにウラル語族を構成する一語群。Samoyed。ロシア北西部のコラ半島付近から東へ,ヤマル半島,オビ川下流,エニセイ川流域一帯に話されている。
→関連項目ハンガリー語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サモエードしょご【サモエード諸語 Samoyed】

ウラル語族フィン・ウゴル語派サモエード語派に大別される。後者に属する言語群をサモエード諸語という。サモエード語派は北方語群と南方語群に分かれる。 ロシアにおける現在の公称と括弧内に従来用いられた旧称をあげれば,北方語群には(1)ネネツNenets語(ユラク・サモエードYurak‐Samoyed語),(2)エネツEnets語(エニセイ・サモエードYenisei‐Samoyed語),(3)ガナサンNganasan語(タウギ・サモエードTavgi‐Samoyed語)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サモエード諸語の関連キーワードフィン・ウゴル語派サモエード諸族ユカギール族カストレンユカギールセタラ語族

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android