コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラセニア Sarracenia; sarracenia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラセニア
Sarracenia; sarracenia

カナダやアメリカなど北アメリカ北東部の湿地に分布するサラセニア科の食虫植物の1属で,約 10種が知られる。またこれらをもとに雑種などがつくられ,観賞用の栽培種は数十もあるといわれる。このうち,代表的なものはヘイシソウ S. purpureaで北アメリカ南東部原産の多年草。長さ 20~30cmもある特徴ある筒形袋状の捕虫葉を根生し,春に長い花茎を出して頂端に大きな緑色5弁の花を下向きにつける。捕虫葉の上端部はひだとなり,一部はふたのようになっている。この捕虫葉と花の内面が紫色を帯びるのも,この種の特徴である。このほか S. drummondiiS. flovaS. psittacina (ヒメヘイシソウ) などもしばしば栽培される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サラセニア(〈ラテン〉Sarracenia)

サラセニア科サラセニア属の多年生食虫植物の総称。葉は筒形の捕虫葉で、水差しの口に似る。花は茎の頂に下向きに1個開く。北アメリカ北東部の原産。瓶子草(へいしそう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サラセニア

ヘイシソウ(瓶子草)とも。北米東部原産の食虫植物。サラセニア科の一属で8種あり,雑種も多い。多年草で,地をはう茎から放射状に出た根出葉は筒状になり,先端の一部がふた状に広がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サラセニア【pitcher plant】

葉が瓶子(へいし)体をつくり,落し穴式に小動物を捕らえる,北アメリカ東部原産の食虫植物(イラスト)。和名を瓶子草という。高さ30~90cm。茎は地表面をはい,葉は瓶子葉と剣葉の2形性である。瓶子体は獲物を奥部へ誘導し,かつはい出させないような仕組みとして,内部に密に逆毛をもつ。消化酵素を分泌しないので,微生物の助けで獲物の消化吸収を行う。春,1~3本の花茎を出し,頂端に下向きの,緑,黄または紫色の1花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サラセニア【Sarracenia】

サラセニア科サラセニア属の多年生食虫植物の総称。北アメリカに分布。園芸品種が多い。葉は筒状で、表面に脈や斑紋がある。上端に耳状の葉片があり、その裏面に蜜腺みつせんがあって昆虫を誘う。春、花茎の先に一花を下向きに開く。瓶子草へいしそう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラセニア
さらせにあ
[学]Sarracenia

サラセニア科サラセニア属の総称。多年生の食虫植物で、9種が知られている。North American pitcher plantなどの英名がある。らっぱ状の葉を瓶子(へいし)(口が細長い瓶)に見立て、和名をヘイシソウという。アメリカのアパラチア山脈東側の丘陵地の沼地がおもな生育地である。茎は地表をはい、根茎がある。葉は根生し、らっぱ状の筒形を呈し、緑色に赤色ないし紫色または白色の脈や斑紋(はんもん)がある。上端は蓋(ふた)状の葉片があり、その裏面の蜜腺(みつせん)から分泌する蜜で虫を誘う。筒の内面上部には逆毛があって、下部に落ちた虫は脱出しにくい。これを有機酸や消化酵素で消化する。花は黄色または白色で、4~5月、無葉の花茎の先に1個下向きに開く。花弁は5枚で数日で落ちるが、萼片(がくへん)は革質で長く残る。雌しべの上部は洋傘を広げた形となり大きい。[冨樫 誠]

栽培

ミズゴケなど保水力のある用土で鉢植えにする。耐寒性はあるが寒風には弱い。用土の温度を安定させて、茎と根茎を伸長させる。植え替えは春から夏までで、芽が動く前の春先が適期である。開花株は開花後か翌春に行う。肥料は春から夏に、油かすなどを施す。繁殖は実生(みしょう)、株分けにより、実生は秋、株分けは植え替え期に行う。
 一時、根茎が天然痘の特効薬といわれたり、強壮剤、健胃剤として利用されたりしたことがあったが、現在は利用されない。[冨樫 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサラセニアの言及

【食虫植物】より

…すべて独立栄養者として,葉や茎にクロロフィルをもち光合成を行う一方,従属栄養的な性質ももち,獲物の小動物から窒素やリン等を摂取する。世界で,モウセンゴケ科(モウセンゴケ属約90種,モウセンゴケモドキ属1種,ハエトリグサ属1種,ムジナモ属1種),サラセニア科(サラセニア属8種,ランチュウソウ属1種,キツネノメシガイソウ属約10種),ウツボカズラ科(ウツボカズラ属約70種),フクロユキノシタ科(フクロユキノシタ属1種),ビブリス科(ビブリス属2種),ディオンコフィル科(トリフィオフィルム属1種),タヌキモ科(ムシトリスミレ属47種,タヌキモ属約150種,ゲンリセア属約15種,ビオブラリア属1種,ポリポンポリックス属2種)が知られる。日本にも2科4属21種の自生が認められる。…

※「サラセニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サラセニアの関連キーワードヘイシソウ(瓶子草)ダーリングトニアモウセンゴケ科観葉植物捕食者葉片斑紋上端一花

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サラセニアの関連情報