サラーフ・アッディーン(読み)サラーフアッディーン

百科事典マイペディアの解説

サラーフ・アッディーン

エジプトのアイユーブ朝の始祖。通称サラディン。イラクのクルド族出身。初めアレッポのザンギー朝に仕え,1169年ファーティマ朝の宰相となって実権を握ったあと,アッバース朝の承認を得てスルタンを号す。シリア,イラク北部,イエメン,北アフリカに領土を広げ,1187年には十字軍エルサレムに建てたエルサレム王国を滅ぼしてエルサレムを奪回。1192年に第3回十字軍と休戦条約を結んで,キリスト教徒のエルサレム巡礼を許した。文武に優れ,異教徒にも寛容な開明的君主であり,イスラムの英雄とされる。
→関連項目カイロリチャード[1世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android