コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラーフ・アッディーン サラーフアッディーン

百科事典マイペディアの解説

サラーフ・アッディーン

エジプトのアイユーブ朝の始祖。通称サラディン。イラクのクルド族出身。初めアレッポのザンギー朝に仕え,1169年ファーティマ朝の宰相となって実権を握ったあと,アッバース朝の承認を得てスルタンを号す。
→関連項目カイロリチャード[1世]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

サラーフ・アッディーンの関連キーワードアブド・アッラティーフ・アルバグダーディーウサーマ・ブン・ムンキズエルサレム(パレスチナ)イマード・アッディーンヌール・アッディーンイブン・アルアシールバハー・アッディーンミシェル・アフラクリチャード[1世]シャーフィイー派ヒッティーンの戦ティクリート賢者ナータンリチャードマクスアッコ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android