サラーラ(英語表記)Salālah

デジタル大辞泉の解説

サラーラ(Salalah)

オマーン南部の都市。アラビア海に面する。7月から9月までの雨季には、ハリーフと呼ばれる南東からの季節風が吹くため、多くの避暑客が訪れる。同国第2の都市であり、貿易、工業が盛ん。市街東部の古代遺跡アルバリードは「乳香の土地」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。オマーン国王カーブース=ビン=サイードの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサラーラの言及

【ドファール】より

…季節風の影響で6~10月の雨季に750mmの降雨があり,アラビア半島では珍しく緑が豊かで,乳香を産する。州都サラーラSalāla周辺の平地,北西の山岳部,北方の岩石台地の三つの地区にわかれる。オマーン北部とは陸路の交通が困難で,隣接の南イエメンの支援のもとにドファール独立運動が一時激化した。…

※「サラーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android