サレジオ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サレジオ
されじお
Franciscus Salesius
(1567―1622)

フランスのカトリック司教で聖人。貴族出身で教会博士。説教に優れ、カルバン派の勢力の強いシャブレーで多くの改宗者を出し、反宗教改革運動に大きな影響を与えた。教皇からの枢機卿(すうききょう)就任要請も断り、生涯ジュネーブ司教として聖なる生活を送ったので、教区のみならずフランス全土にも大きな影響を与えた。彼は、神に対する愛が宗教生活の根本であることを説いた。同時に、豊かな情操を養う必要性を唱え、ヒューマニズムをキリスト教教育に最初に導入し、神によって創造されたものを正しく評価し、それらを喜びをもって受容することを説いた。また聖女シャルタルJeanne de Chantal(1572―1641)と協力して、女子サレジオ修道会をつくった。フランス読みでフランソア・ド・サールともいう。[門脇佳吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

サレジオ

(Franciscus Salesius フランシスクス━) フランスの司教、聖人。サレジオはイタリア名。ジュネーブ司教として、異端鎮圧に尽力し、カトリック著作家および出版事業を保護した。また、シャンタルとともにマリア訪問修女会(サレジオ女子修道会)を創立。著書「神愛論」など。フランス名フランソワ=ド=サル。(一五六七‐一六二二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サレジオの関連情報