コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サレジオ

百科事典マイペディアの解説

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サレジオ
されじお
Franciscus Salesius
(1567―1622)

フランスのカトリック司教で聖人。貴族出身で教会博士。説教に優れ、カルバン派の勢力の強いシャブレーで多くの改宗者を出し、反宗教改革運動に大きな影響を与えた。教皇からの枢機卿(すうききょう)就任要請も断り、生涯ジュネーブ司教として聖なる生活を送ったので、教区のみならずフランス全土にも大きな影響を与えた。彼は、神に対する愛が宗教生活の根本であることを説いた。同時に、豊かな情操を養う必要性を唱え、ヒューマニズムをキリスト教教育に最初に導入し、神によって創造されたものを正しく評価し、それらを喜びをもって受容することを説いた。また聖女シャルタルと協力して、女子サレジオ修道会をつくった。フランス読みでフランソア・ド・サールともいう。[門脇佳吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サレジオの関連キーワードジャン・ベルトラン アリスティドヴィンチェンツォ チマッティチマッティ ビンチェンツォフランソア・ド・サールフランソワ・ド・サール東京都目黒区碑文谷ヒューマニズムカトリック教会アリスティドアルモドバルドン・ボスコドン・ボスコブロシウスフランソアサレジオ会シャンボン名和慶子阪田誠造森内俊之修道会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サレジオの関連情報