コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サロン音楽 サロンおんがく salon music

2件 の用語解説(サロン音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サロン音楽
サロンおんがく
salon music

本来は客をもてなすために客間で演奏する軽い音楽。ディベルティメントターフェルムジークなど。現代では軽音楽一般をさすことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サロン音楽
さろんおんがく
salon music英語
Salonmusikドイツ語

貴族ないし富裕な市民の邸宅における社交サロンで演奏される音楽。音楽家が教会や宮廷の庇護(ひご)から離れて活動するようになった19世紀に、とくに栄えた。サロンには文芸家たちと並んで音楽界の才能が招かれ、自作の発表や演奏を行ったが、作品はサロンの空間的制約などのため、ほとんどが独唱・重唱の歌曲、独奏曲、室内楽に限られ、小品が大半を占めた。おもに軽い内容の迎合的スタイルをとり、優美で感傷的な旋律を用いたわかりやすい作品が目ざされ、人気オペラのアリアなど、既存の有名旋律を利用した接続曲(ポプリpotpourri〔フランス語〕)や変奏曲も多くつくられた。
 サロン音楽は、一般的には、サロンにおける社交の装飾的存在であったが、サロンが公開の音楽会と並ぶ重要な活動の場であった19世紀には、ショパン、グノーなどの多くの有名な音楽家が、サロンのための作品を残している。
 なお、今日この名称は、サロンで味わうような、上品で小ぎれいな軽音楽の意味で使われることが多い。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサロン音楽の言及

【標題音楽】より

…ショパンの《ノクターン》などもこれに数えられるが,このような曲になると純粋器楽との境は流動的になる。19世紀半ばの少し前からヨーロッパで流行した〈サロン音楽〉も,優雅で抒情的なピアノ独奏あるいは小編成の小品という点でキャラクター・ピースに隣接するが,これの典型の一つであるT.ボンダジェフスカ(バダジェフスカ)の《乙女の祈り》のように,より通俗的であるという違いがある。 標題音楽については,従来主として,文学的・絵画的なものを音楽が表せるかという観点から論じられてきた。…

※「サロン音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サロン音楽の関連キーワード客座敷客をする饗する迎賓サロンミュージック接客接伴馳走鹿鳴食積み

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サロン音楽の関連情報