コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワギク

2件 の用語解説(サワギクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サワギク

ノボロギク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サワギク
さわぎく / 沢菊
[学]Senecio nikoensis Miq.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ35~110センチメートル。全体に柔らかい。根出葉は白毛を密生し、オトコエシの葉に似る。茎葉はごく薄く、両面に軟毛を散生する。6~8月、茎頂に散房状に多数の頭花をつける。頭花は舌状花と管状花からなり、黄色。痩果(そうか)は長さ1.5ミリメートル、先端に雪白色の剛毛状冠毛を多数つける。花期後、この冠毛が毛玉のようになることから、ボロギクともよばれる。山地の沢沿いの林床に生え、北海道から九州に分布する。近似のノボロギクS. vulgaris L.も冠毛が同様に毛玉状となるが、これはヨーロッパ原産の帰化植物で、サワギクとは系統が異なる。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone