コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワギク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サワギク
さわぎく / 沢菊
[学]Senecio nikoensis Miq.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ35~110センチメートル。全体に柔らかい。根出葉は白毛を密生し、オトコエシの葉に似る。茎葉はごく薄く、両面に軟毛を散生する。6~8月、茎頂に散房状に多数の頭花をつける。頭花は舌状花と管状花からなり、黄色。痩果(そうか)は長さ1.5ミリメートル、先端に雪白色の剛毛状冠毛を多数つける。花期後、この冠毛が毛玉のようになることから、ボロギクともよばれる。山地の沢沿いの林床に生え、北海道から九州に分布する。近似のノボロギクS. vulgaris L.も冠毛が同様に毛玉状となるが、これはヨーロッパ原産の帰化植物で、サワギクとは系統が異なる。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サワギクの関連キーワードマンポウ(万宝)サンシチソウシネラリアセネシオボロギク白妙菊襤褸菊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サワギクの関連情報