コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴヘビ サンゴヘビ Micrurus fulvius; coral snake

2件 の用語解説(サンゴヘビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンゴヘビ
サンゴヘビ
Micrurus fulvius; coral snake

トカゲ目コブラ科。体長 80cm。体は細長く,黒,黄,赤の3色で環状に染め分けられている。頭部は小さいが,上顎の前端に溝のある毒牙をそなえ,非常に強い神経毒を出す。北アメリカ南東部に分布し,他のヘビ類やトカゲなどを食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンゴヘビ
さんごへび / 珊瑚蛇
coral snake

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目コブラ科サンゴヘビ属に含まれるヘビの総称。この属Micrurusの仲間は美しい体色斑紋(はんもん)と強い毒をもち、約48種がメキシコからアルゼンチンに至る亜熱帯・熱帯アメリカに広く分布し、近縁のアリゾナサンゴヘビ属Micruroides1種がアメリカ合衆国およびメキシコに分布する。ブラジルサンゴヘビMicrurus frontalisをはじめすべて小形で細長く、全長50~100センチメートル、最大でも120センチメートルほどである。各種とも体形、斑紋ともきわめて類似し、サンゴを連想させる赤、黄、黒の鮮やかな帯模様をもつ。斑紋は種によってわずかに色帯の幅や縁どりが異なる。毒はすべて強い神経毒を主成分とし、きわめて危険であるが、小形で口が小さく性質も温和で、人間の咬症(こうしょう)被害は少ない。昼行性で餌(えさ)はおもにトカゲ類である。サンゴヘビ類の鮮やかな色彩は自然のなかではよく目だち、毒ヘビであることを天敵に認識させる、標識色の一つの警戒色である。また同一地域には外見上サンゴヘビそっくりの無毒ヘビおよび弱毒のニセサンゴヘビが生息し、擬態の好例とされる。それらには、ナミヘビ科に属するまったく無毒のサンゴヘビモドキ属Atractusや、後牙(こうが)類(溝のある毒牙を上あごの後部にもつ)で弱毒をもつニセサンゴヘビ属Erythrolamprusなどがあげられる。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンゴヘビの関連キーワード大蜥蜴焦げ目瘤鯛コモド大蜥蜴角蜥蜴アスプ蜥蜴毒蜥蜴クロックス コブラーやい トカゲ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンゴヘビの関連情報