サンタクララ(英語表記)Santa Clara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタクララ
Santa Clara

アメリカ合衆国カリフォルニア州中西部,サンフランシスコ南東約 70kmの都市。 1777年スペイン人が入植,肥沃なサンタクララ谷で栽培されるプラム,アプリコットなどの果実加工が行われ,農業と工業がバランスを保って発達した。第2次世界大戦を契機として工業化が進み,ガラス繊維,化学製品,金属,紙製品などもつくられるようになった。特にサンタクララ谷はエレクトロニクス関係の工場が集積し,「シリコンバレー」の名で知られる。娯楽施設のグレートアメリカ,サンタクララ大学 (1851創立) などがある。 1989年 10月の大地震で被害を受けた。人口 11万6468(2010)。

サンタクララ
Santa Clara

キューバ中西部の都市。首都ハバナの東南東約 270km,大西洋岸,カリブ海海岸のいずれからもほぼ等距離の内陸の標高約 100mの丘陵上にある。インディオの居住地であったが,1689年大西洋岸のレメディオスから海賊の襲撃を逃れてきたスペイン人が占拠し,町を建設。かつては牧畜に依存していたが,20世紀に入ってからは,サトウキビ,タバコの集散,加工により発展。ラスビヤス中央大学 (1948) がある。幹線道路,鉄道が通る。人口 19万 735 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンタ‐クララ(Santa Clara)

キューバ中部、ビジャクララ州の都市。同州の州都コロンブスによって開かれ、17世紀にスペインによる植民地支配の拠点となった。周辺でサトウキビ、タバコを産し、集散地として発展。キューバ革命ゲバラがバティスタ政権から最初に解放した地であり、ゲバラの遺骨を安置したチェゲバラ霊廟がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンタクララの関連情報