コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントメ島 サントメトウ

デジタル大辞泉の解説

サントメ‐とう〔‐タウ〕【サントメ島】

Ilha de São Tomé》アフリカ西岸、ギニア湾東部の島。北東にあるプリンシペ島とともにサントメプリンシペ共和国を構成する。同島北東岸に首都サントメがある。コーヒー、ココアを産する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サントメ島
さんとめとう
Ilha So Tom

西アフリカ、ギニア湾の赤道直下にある島。サントメ・プリンシペの首都サントメ(2001推計人口5万4000)がある。1471年ポルトガル人が到達し、1740年以後ポルトガル領であったが1975年独立した。面積857平方キロメートル、人口11万4507(1991センサス)、14万5000(2001推計)。火山島で最高峰は2024メートル。風上側にあたる島の南部は年降水量5000ミリメートルを超え、熱帯雨林となっているが、風下側の北部は800~1000ミリメートルでサバンナ景観を呈する。農産物としてカカオ、コーヒー、コプラなどがある。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サントメ島の関連キーワードフラディケ デメネゼスアンゴラ(アフリカ)カメルーン火山列プリンシペ[島]ギニア(地方名)ポルトアレグレオボ自然公園アンノボン島カメルーンカブラス島奴隷貿易ロラス島パガル島信行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android