コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンパウロ州 サンパウロSão Paulo

翻訳|São Paulo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンパウロ〔州〕
サンパウロ
São Paulo

ブラジル南東部の州。州都サンパウロ。ブラジル高原南東部に位置し,南東縁はマル山脈となって高まり,急斜面をなして大西洋にのぞむ。海岸平野はほとんどない。マル山脈の背後は西に向ってゆるやかに傾斜する標高 400~800mの高原地帯で,テラロッシャ (ポルトガル語で「赤い土地」の意) と呼ばれる肥沃な土壌におおわれた地帯が広がり,コーヒー栽培が盛ん。沿岸部を除く全域がパラナ川上流域に属し,パラナ川が西を限り,その源流グランデ川が北境,支流パラナパネマ川が南境の一部をなす。州南部を南回帰線が通り,気候は概して亜熱帯性。沿岸部は比較的高温多雨で,一部には年降水量 3000mmをこえる多雨地帯があるが,内陸部は雨量も少くなり,空気が乾燥してしのぎやすい。リオデジャネイロ州に次ぎ人口密度が高く,都市化が進み,同国最大の都市サンパウロのほか,人口 10万以上の都市が多数ある。同国で日本人移住者が最も多い地域で,1970年代初めに移住者およびその子孫を含む日系人は約 30万人を数えた。経済的に同国で最も豊かな州であり,サンパウロ市周辺は高度に工業化している。かつて州経済の中心であったコーヒーは工業生産に及ばなくなったが,農業は機械化が進み,コーヒーのほか,サトウキビ,ワタ,トウモロコシ,イネ,豆類,マテ茶 (パラグアイ茶) ,ジャガイモ,バナナ,オレンジなどが栽培される。ウシ,ヒツジなどの牧畜も盛んで,古いコーヒー園が牧場に変りつつある。鉄道・道路網はよく発達し,沿岸には世界最大のコーヒー積出港サントスがある。面積 24万 8256km2。人口 3119万 2818 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サン‐パウロ(São Paulo)

ブラジル南東部にある州。大西洋からパラナ川に至る地域を占める。コーヒーなどの農業のほか商工業も盛んで、経済規模は同国最大。日系人が多く、各地にコミュニティーを形成している。州都はサン‐パウロ市。
サン‐パウロ州の州都。コーヒーの集散地として発展、自動車・織物・化学工業などが盛ん。広大な公園、毒蛇研究所などがある。ブラジル第一の日系人集中地。人口、行政区1099万(2008)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンパウロ州の関連キーワードアレッシャンドレ・タデウ ガーロバンデルレイ ルシェンブルゴマルシオ リシャルデスJ.B. フィゲイレドサンジョゼドスカンポスプレジデンテプルデンテサンジョゼドリオプレトサンベルナルドドカンポE. コンソルマーニョカンポスドジョルドンバンデイランテス宮殿カンポスドジョルダンサンカエタノドスルモラエス・バーロスワルテル イイホシモジダスクルゼスブラジルの大統領ブラジルサントスロドリゴ タバタリベイランプレト

サンパウロ州の関連情報