コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンルーム sunroom

翻訳|sunroom

デジタル大辞泉の解説

サンルーム(sunroom)

大きなガラス窓をめぐらし、日光がよく入るようにした部屋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

サンルーム

日光を積極的に室内に取り入れるために、屋根や壁などの全てまたは一部をガラス張りにした部屋。住宅などではリビングなどに隣接させて設けられることが多い。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

サンルーム【sunroom】

屋根・壁面などをガラス張りにして、日光が多く入るようにした部屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

サンルーム【sunroom】

日光を大量に室内に取り込むために、屋根や壁をガラス張りにした部屋。本来は日光浴のための部屋であるが、観葉植物を育てる温室などとしても使う。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンルーム
さんるーむ
sun room

日光浴を目的として特別に設けられたガラス張りの部屋をさすが、近年は住宅において、建物内部で庭との中間的な環境をつくり、なかばアウトドア風の生活を楽しむためにつくられた、建物の外に張り出し、壁や屋根などの多くの部分をガラス張りにした部屋を、サンルームとよんでいることが多い。
 住宅の場合、通常は居間の南側の庭に面したところに、少なくとも幅1間(1.82メートル)以上のテラス状のスペースを設け、屋根の部分や壁面あるいは庭への戸などもできるだけガラスを使って明るく、そして日中にはなるべく日光が降り注ぐようにつくられる。サンルームの中は、冬寒風が遮られ太陽が照っている間はたいへん暖かいので、いろいろな植物を置き、テーブルや椅子(いす)などを配置して、寒い季節に暖かい部屋として日常生活に使われる。曇った日や朝晩にも使えるようにするには、暖房を考える必要がある。植物のための温室として使う場合には、かならず適温に保つための設備をしなければならない。床は、板敷きにするなど洋風の部屋あるいは和風の縁側などと同様に考えればよいが、植物を置くことを考える場合には、水が使えるようにタイル張り、コンクリート、あるいは石張りにするのが好ましい。
 日本の住宅にサンルームがつくられるようになったのは明治以降洋風住宅が導入されてからで、ベランダの周囲にガラス戸を入れてサンルームとした例もしばしばみられる。[平井 聖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サンルームの関連キーワードポリカーボネートエクステリア商品コンサバトリー沼津倶楽部ベランダ花壇壁面廊下

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンルームの関連情報