コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ルイス・ポトシ サンルイスポトシ

百科事典マイペディアの解説

サン・ルイス・ポトシ

メキシコ中部,同名州の州都標高約1880mの山間盆地にあり,付近で産する銀,鉛,金の精錬業が盛ん。農業・牧畜地域の中心でもある。16世紀末から銀山の町として栄え,バロック様式聖堂教会などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・ルイス・ポトシ
さんるいすぽとし
San Luis Potos

メキシコ中西部、サン・ルイス・ポトシ州の州都。アナワク高原の標高1887メートルに位置する。人口62万9208(2000)。1583年鉱山都市として建設され、付近では銀、金、銅、カドミウムなどの鉱産が多い。市内には17世紀の教会が多く、バロック様式のサン・フランシスコ修道院は有名で、「庭園の町」の異名がある。特産物にレボッソ(婦人のショール)がある。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サン・ルイス・ポトシの関連キーワードサカテカス歴史地区ミル・マスカラスワステカ文化メクラウオワステカメキシコナワ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サン・ルイス・ポトシの関連情報