コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザクロ(石榴) ザクロPunica granatum; pomegranate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザクロ(石榴)
ザクロ
Punica granatum; pomegranate

ザクロ科の落葉高木で,イランからインド地方にかけての原産とされる。果樹としては世界で最も古い栽培の歴史をもつものの一つである。日本には平安時代に中国から伝えられ,庭木として広く栽植されている。高さ5~10mに達し,幹はねじれて瘤をつくる。若い枝は四角形で,短い枝の先はとげになる。葉は長楕円形で対生し,表面につやがある。橙赤色の花が6月頃に咲く。花弁は5~7枚で薄く,萼は筒状で先端部が6裂している。花には,このほかに緋色で八重咲きのもの,黄色や白色のものなどもあり,特にハナザクロといって観賞用にされる品種もある。果実は堅く大きな球形で熟すると赤みを帯び,不規則に裂開する。中に多数の球形の種子があり,種子を取囲む半透明の仮種皮は淡紅色で甘ずっぱく,食用や果実酒にされる。根や果皮駆虫剤とされ,サナダムシによくきくという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ザクロ(石榴)【ザクロ】

インド北西部〜イラン原産のザクロ科の落葉小高木。日本には平安時代以前に渡来した。7〜8mの高さになり,庭木や盆栽にする。7〜8月に開花,花冠は6裂し,橙赤色,萼は筒形で肉質。
→関連項目煎剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ザクロ(石榴)の関連キーワードケイ(珪)酸塩鉱物スカルン鉱物ガーネット

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android