コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煎剤 センザイ

5件 の用語解説(煎剤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐ざい【煎剤】

生薬を精製水で浸出させて製した液剤。煎じ薬

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

煎剤【せんざい】

生薬(しょうやく)に精製水を注ぎ,一定時間加熱し,温時に布ごしして製した内用液剤。ウワウルシザクロ皮(ざくろひ),キナ皮などを薬用に供する時に使用する最も一般的な剤形。
→関連項目漢方薬セネガ根

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せんざい【煎剤】

生薬を煎じた薬。せんじ薬。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

煎剤
せんざい

生薬(しょうやく)類の投与法の一つで、去痰剤(きょたんざい)としてのセネガ煎など、かつてはよく用いられた古い剤形である。日本薬局方では浸剤とあわせて浸剤・煎剤と称し、ともに生薬を精製水で浸出して製した液剤で、酷似した剤形である。生薬の種類や抽出成分の性質によって浸出時間、温度、布漉(ぬのご)し温度を変えて区別しているが、実際の調製法は各生薬によって画一的にはならず、その区別はかならずしも明確とはいえない。煎剤は、生薬を適当な大きさに切り、50グラムを煎剤器に入れ、精製水950ミリリットルを加え、数回かき混ぜながら30分間加熱したのち、温時に布漉しをして、これにさらに適量の精製水を生薬を通して加え、全量を1000ミリリットルとしたものである。
 なお、煎剤は一般に煎じ薬ともよばれるが、薬局方でいう煎剤は規定された一つの剤形であって単一の生薬を対象とするものであり、漢方薬のように処方された数種類の生薬を用いたものや民間薬のような煎じ薬とは異なっている。最近は製剤技術の進歩によってエキス剤や錠剤などが繁用され、また漢方薬でも、生薬を布袋などに入れて一包とし、服用時に煎じる剤形(茶剤)や成分抽出物を顆粒(かりゅう)化した製剤に温湯を注いで服用する形式などが一般化してきたため、一部の漢方処方を除き、この剤形はほとんど使用されなくなった。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

煎剤の関連情報