コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンジバル島 ザンジバルとうZanzibar Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザンジバル島
ザンジバルとう
Zanzibar Island

タンザニア北東部の島。本土沖合い約 40kmのインド洋上に位置。面積 1554km2。中心地はザンジバル。サンゴ礁の石灰岩からなる平坦な島で,人口は西部の肥沃な丘陵地帯に集中。熱帯季節風気候だが,海からの風でしのぎやすく,年降水量は約 1500mm。古くからインドやペルシア湾沿岸地方と交易をもち,10世紀頃から奴隷貿易の基地。 16世紀にポルトガルの支配下に入ったが,17世紀末からオマーンのザンジバル王国がスルタン領として支配。その後もアフリカ大陸内陸との交易根拠地として,ドイツ,イギリスなどに争われた。住民はバンツー系 80%,アラビア系 13%,インド=パキスタン系6%など。本土,ペンバ島と空路,水路で結ばれるほか,国際空港もある。人口 64万 578 (1988推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ザンジバル‐とう〔‐タウ〕【ザンジバル島】

Zanzibar Island》タンザニア東部、インド洋上にある島。正式名称ウングジャ島。サンゴ石灰岩からなる島で、香料の原料となる丁子(ちょうじ)の世界的な産地。18世紀には象牙や奴隷貿易の基地として栄えた。ザンジバルシティーの旧市街ストーンタウンの白亜の町並みは、2000年「ザンジバル島のストーンタウン」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザンジバル島
ざんじばるとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ザンジバル島の関連キーワードザンジバル島のストーンジョザニチュワカ湾国立公園サリム・アハメド サリムチョウジ(丁子∥丁字)サイイド・サイードブー・サイード朝ストーン・タウンセイド・サイードダルエスサラームフォロダニ公園アカコロブスマンガプワニウングジャ島ちょうじ油マフィア島プリズン島キジムカジチョウジ驚愕の家バガモヨ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザンジバル島の関連情報