コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンドラルト ザンドラルトSandrart, Joachim von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザンドラルト
Sandrart, Joachim von

[生]1606.5.12. フランクフルトアムマイン
[没]1688.10.14. ニュルンベルク
ドイツ・バロック期の画家。古典的,宗教的主題,静物,肖像など多くのジャンルにわたる作品があるが,ドイツ美術史の原典資料ともいうべき著作『ドイツ建築彫刻絵画芸術アカデミー』Teutsche Academie der Edlen Bau-Bild-und Mahlerey-Künste(1675~80)によって有名。これは第1部が建築,彫刻,絵画論,第2部が各地で知り合った芸術家たちの伝記で,第3部にはいくつかの美術収集の紹介と研究,絵画の主題の原典として重要な詩人オウィディウスの翻訳などが収められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザンドラルト【Joachim von Sandrart】

1606‐88
ドイツの画家,銅版画家,著述家。フランクフルト・アム・マイン生れ。中部ヨーロッパ各地で修業の後,1623年にユトレヒトでカラバッジョ派のホントホルストG.van Honthorstに入門,27年には師とともにイギリス宮廷を訪れ,その後35年までイタリアに滞在しローマをはじめ各地で古代や盛期ルネサンスの美術を学びつつ,芸術家や芸術愛好家多数と親交をもつ。38年からアムステルダムで活動,43年ころ再びドイツに戻って最終的にはニュルンベルクに落ち着いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ザンドラルトの関連キーワードグリューネワルト

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android