コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアールコート

百科事典マイペディアの解説

シアールコート

パキスタン北東部,チェナーブ川左岸の都市。鉄道の要地で商業の中心。織物,自転車,医療器械運動具などの工業がある。12世紀,ゴール朝ムハンマドが拠点とした。シク教の開祖ナーナクの墓がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シアールコート【Siālkot】

パキスタン北東端,ラービー川とチェナーブ川に囲まれたレチュナ・ドアーブ北部の都市。人口29万6000(1981)。パンジャーブカシミールとを結ぶ交通路上の交易中心として,インド,パキスタンの分離独立まで栄えた。シク教の開祖ナーナクにちなむ聖地でもある。6世紀にフーナミヒラクラの,また12世紀に北西インド亜大陸に侵入したゴール朝のムハンマドの根拠地となった。周辺からの小麦,米,サトウキビなどの農産物を集散する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシアールコートの言及

【インド・ギリシア人】より

…前2世紀から前1世紀末にかけて西北インドで活動したギリシア人。サンスクリット語ではイオニアのなまったヤバナYavanaの名で,また俗語ではヨーナYonaの名で呼ばれる。アレクサンドロス大王の帝国の北東端にあたる中央アジアのバクトリア地方は,大王の死後シリアのセレウコス朝の支配下に入ったが,前250年ごろギリシア人太守ディオドトスがこの地に独立王国をうち建てた。このバクトリア王国のギリシア人勢力は,マウリヤ朝が衰退に向かった前200年ごろから西北インドに侵入し,一時はガンガー(ガンジス)川中流域にまで兵を進めた。…

※「シアールコート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シアールコートの関連キーワードシアールコトメナンドロス

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android