コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェノア Šenoa, August

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェノア
Šenoa, August

[生]1838.11.14. ザグレブ
[没]1881.12.13. ザグレブ
クロアチアの作家。政治,文芸評論,演劇批評でも活躍し,リアリズムを唱えた。民主主義を主張した小説『金細工師の金』 Zlatarovo zlato,『こじきのルカ』 Prosjak Luka,『農民一揆』 Seljačka buna (1877) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シェノア【August Šenoa】

1838‐81
ユーゴスラビアの作家。チェコ系のクロアチア人。プラハとウィーンに学ぶ。ジャーナリストとして出発,晩年も《花冠》紙を編集するなどして,クロアチア文学をヨーロッパ的水準に高めた。多作で詩,短編,長編,評論,翻訳を発表したが,歴史小説家として最も成功する。代表作はザグレブの過去を描いた《金細工師》(1871),中世に材をもとめた国民文学のロングセラー《農民の反乱》(1877)。【田中 一生】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシェノアの言及

【ユーゴスラビア】より

…セルビアのロマン主義を代表したのは詩人ラディチェビッチBranko Radičević(1824-53)とヤクシッチDura Jakšić(1832-78)である。また19世紀中ごろロシアやフランスのリアリズムに影響されながら,クロアチアの過去を散文に再現したシェノア,セルビア随一の児童文学者ズマイ,スロベニアのユルチッチの活躍も注目される。世紀末にセルビアのラザレビッチLaza Lazarević(1851-91),マタブリスレマツ,クロアチアのノバックVjenceslav Novak(1859-1905)らが地方色豊かな日常生活を好んで描いた。…

※「シェノア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シェノアの関連キーワードユーゴスラビア文学11月14日東欧演劇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android