コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェルヘン

2件 の用語解説(シェルヘンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シェルヘン

20世紀音楽の普及と発展に尽くしたドイツの指揮者。ベルリンに生まれ,ほぼ独学で音楽を学ぶ。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ほかでビオラ奏者を務めたのち,1911年−1912年のシェーンベルクとの演奏旅行をきっかけに指揮者デビュー
→関連項目クセナキスクルシェネクノーノハルトマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェルヘン
しぇるへん
Hermann Scherchen
(1891―1966)

ドイツの指揮者。ベルリン生まれ。音楽を独習、ベルリン・フィルハーモニーのビオラ奏者を短期間務めたのち、1914年リガ交響楽団指揮者となる。シェーンベルクと親しく、現代音楽を積極的に紹介するため、新音楽協会、雑誌『メロス』、シェルヘン弦楽四重奏団を創立、活発な活動で注目された。33年スイスに移住、チューリヒを本拠に現代音楽推進の運動を生涯続けた。バロックから現代音楽まで広いレパートリーをもち、劇的効果を重んずる解釈で一家をなした。著書『指揮法』は名著の誉れが高い。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェルヘンの関連キーワードドイツ観念論西ドイツドイツ文字筆紙に尽くし難い筆舌に尽くし難いJPSFAI服部幸三岡田普理衛関口存男

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone