コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェンヤン(瀋陽)特別市 シェンヤンShenyang

翻訳|Shenyang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェンヤン(瀋陽)〔特別市〕
シェンヤン
Shenyang

中国東北地方,リヤオニン (遼寧) 省中部,リヤオ (遼) 河平原の東部にある市。リヤオニン省の省都。シャンハイ (上海) ,ペキン (北京) ,テンチン (天津) に次ぐ中国第4の重工業都市。省轄市で 11の市区から成る。市区はフン (渾) 河の北岸にあって,ホワペイ (華北) 平原,リヤオトン (遼東) 半島,朝鮮半島への交通の要衝にあたるため,古くから漢族,モンゴル族,満州族の争奪の地となった。 1625年清朝の首都となり,ペキンに遷都ののちは陪都となって奉天府がおかれた。日露戦争後,日本による東北地方経営の中心地となり,1932年「満州国」の成立によって首都がチャンチュン (長春) におかれてのちも商工業の中心としてにぎわった。付近には中国最大の鉄鉱石,石炭の鉱脈が分布し,アンシャン (鞍山) ,フーシュン (撫順) ,ペンシー (本渓) ,フーシン (阜新) などの鉱工業都市が立地する。このため人民共和国成立後,製鋼,工作機械,自動車,化学などの重工業が急速に発達し,石油化学コンビナート,シェンヤン第一工作機械工場,シェンヤン重型機器工場など中国有数の大工場が建設された。チンハー (京哈) 鉄道の要衝で,省の各鉱工業都市やターリエン (大連) 港に鉄道が四通している。 90年にはアジア最大規模といわれるシェンヤン駅やターリエンを結ぶ高速道路が完成した。国際空港もある。清朝の故地として史跡が多く,宮殿は故宮博物館となって,大量の美術工芸品が展示されている。郊外には太宗の墓である北陵 (昭陵) ,太祖ヌルハチの墓である東陵 (福陵) があり,ともに市民の行楽の地となっている。シンミン (新民) 区,リヤオチョン (遼中) 区はともにリヤオ河の沖積地にあって,省有数の農業地域をなす。コムギ,ダイズ,ワタを主作物とするが,水稲の作付けがふえている。人口 582万 7089 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シェンヤン(瀋陽)特別市の関連キーワードアンシャン(鞍山)特別市トンペイ(東北)平原

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android