コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油化学コンビナート せきゆかがくコンビナート

2件 の用語解説(石油化学コンビナートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油化学コンビナート
せきゆかがくコンビナート

石油化学工業に関して,一定の地域で,原料から製品をつくる過程で,製品の種類や生産手段の違ういくつかの生産部門や企業が技術的に結びついた生産体系。企業結合で生産を集中し,原材料の確保の面でむだを省くことによって,コストを切下げ,副産物や廃棄物を多角活用するのがねらい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石油化学コンビナート【せきゆかがくコンビナート】

石油精製工場を中心に,各種化学や,鉄鋼,電力など諸業種が結合された工業集団。ナフサを分解してエチレンプロピレンなどの中間製品を生産するナフサセンターを中核として,各工場が原料・製品輸送のパイプで結合されている。
→関連項目京葉工業地域産業公害

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の石油化学コンビナートの言及

【コンビナート】より

…これらを指してコンビナートと呼んでいる例もある。
[日本のコンビナート]
 しかし何といっても,結合の技術的連関と地域的構造が最も明快なのは,日本では1950年代半ばころから発展しはじめた石油化学コンビナートであろう。これは図に示すように,ナフサ分解工場(エチレン・センターと呼ばれる)を中心に,そこからでてくる各留分を原料とする有機合成工場,そこへナフサを送りこむ石油精製工場がそれぞれ隣接して立地し,各工場間はパイプで連結され,それぞれの工場の製品は次の工場へ原料としてパイプで送りながら,文字どおり結合生産を行うのである。…

【石油化学工業】より

…そのなかでエチレン生産設備229万tの廃棄や塩化ビニル樹脂の共同販売会社の設立などが進められてきたが,決定的な解決策とはなりえていない。
【現代日本の石油化学工業】
 日本の石油化学工業は,全国に15ヵ所あるエチレンプラントを中心とした石油化学コンビナート(エチレン・センター)をおもな生産基地としている。これらのコンビナートを構成している企業は,一貫メーカー,オレフィン・メーカー,誘導品メーカーの三つに分けることができる。…

※「石油化学コンビナート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石油化学コンビナートの関連キーワード石油化学石油化学工業三井化学JCIA化学工業日報三井石油化学工業[株]有機化学工業丸善石油化学協和化学工業JNC石油化学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石油化学コンビナートの関連情報