シキソトロピー(英語表記)thixotropy

翻訳|thixotropy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

振動や攪拌(かくはん)によってゲルが流動性をもつゾルに変化し、放置するとふたたびゲルに戻る現象をいう。チクソトロピーあるいはチキソトロピーということもある。以前は揺変(ようへん)といったこともある。

 ベントナイトの懸濁液や油性のペンキ、あるいは酸化鉄(Ⅲ)や水酸化アルミニウムのコロイドに少量の塩化ナトリウムを加えたものなどでよく認められる。日本の神話にある伊弉諾・伊弉冉尊(いざなぎいざなみのみこと)の国づくりの段は、このシキソトロピーの最古の記載であると思われる。

 これとよく併記されるものとしてダイラタンシーdilatancyがある。粉粒と水の系に急激に外力を加えて変形をおこさせると、表面付近の水が内部の粒子間隙(かんげき)に吸い込まれて固くなる現象である。波打ち際の砂を踏んだときなどに観察されるが、近年、地震の成因モデルに応用されて注目を引くようになった。高分子溶液を流動、攪拌する際に抵抗が増大する(固くなる)ことを同様にダイラタンシーとよぶことも多い。

[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (thixotropy) 流動性のある物体に応力を加えると粘度が低下して軟化し、応力を除去してそのまま放置すると再びもとの状態に回復して硬化する現象。塗料工業、印刷インキ工業、食品工業、窯業などで応用される。チキソトロピー。チクソトロピー。揺変性。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android