コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シケシダ Deparia japonica (Thunb.) Kato

2件 の用語解説(シケシダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シケシダ【Deparia japonica (Thunb.) Kato】

山地林下や林縁,人里の道端や土手にまで普通に生えているシダ植物メシダ科の多年草。夏緑性。根茎は長く地表近くをはい,葉をややまばらにつける。根茎や葉柄には淡褐色で,全縁,膜質の鱗片がまばらにつく。葉柄は10~30cm。葉身は草質,広披針形から長楕円状披針形で,長さ20~40cm,幅10~15cm,2回羽状に分裂し,両面に短い軟毛をつける。羽片は披針形,中軸にやや斜めにつき,中裂~深裂し,漸鋭尖頭,裂片は楕円形,やや斜めにつき,円頭~鈍頭,葉脈は遊離脈。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シケシダ
しけしだ / 湿気羊歯
[学]Athyrium japonicum Copel.

オシダ科の夏緑性シダ。各地の山野の湿った場所に生え、暖かい地方では多少とも常緑性になる。長く匍匐(ほふく)した根茎から、1回羽状に分裂した葉がまばらに分出する。葉身は卵状披針(ひしん)形、先端はしだいに細くなってとがる。葉質はもろく、やや厚い草質。胞子嚢(のう)群は裂片の中脈と縁辺の中間に生じ、葉脈に沿って線形で三日月形の包膜をもつ。葉面の形や毛の有無によって2、3の種に細分することがある。ホソバシケシダA. conilliiは葉幅5センチメートル以下で裂片が円頭。ナチシケシダA. oshimenseは毛が多い。セイタカシケシダA. dimorphophyllumは葉形がやや二型的で、胞子嚢群をつける葉は細くて丈が高い。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シケシダの関連キーワード上地林雀の帷子千里の馬土手っ腹土手節野萵苣人里平地林道端林縁

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone